アルバイト薬剤師でより高収入を稼ぐには?

比較的他の職業よりも収入の水準が高い薬剤師ですが、せっかく取った薬剤師の資格を生かすなら、より待遇の良い職場を希望するのは自然な事だと思います。 近年言われているのは、薬剤師が飽和状態になってきているという事です。
パート薬剤師のお仕事 - 転職の不安あれこれ

毎年新卒の薬剤師の方が就職しますが、 既に勤務している薬剤師がいるというケースも 多くなっており、特に都心部では、就職や転職が しにくいケースが増えています。 それに対して、地方ではまだ薬剤師の需要が 飽和しておらず、就職しやすい状況になっています。

やはり近年は便利な都心部で仕事をしたいという方が 多くなっており、地方は逆に経験豊富な薬剤師の不足に 悩んでいる地域もあります。 そういった地域では需要に対して応募自体が 足りていないケースもあり、そういった場合は 年収も高くなりやすいです。

都心部で働くよりも地方の方が 年収ベースで100万円ほどの 差が出てきたりもするようです。 また、地方の勤務は年収が高くなる傾向に加え、 家賃などの生活費も抑えやすいです。 年収が上がり、支出も減るため、自分の自由に使える お金は自然に多くなります。

地方には患者さんもそうですし、 薬剤師不足で困っている職場も多くあるため、 そういった職場に勤務する事になれば、 地域の人たちの大きな助けになります。 それが大きなやりがいにも繋がる事は 言うまでもないでしょう。

近年は在宅医療の促進を政府も進めており、 都心部の病院まで行かずに、患者さんの自宅で 医療を行うケースも増えています。 つまり薬剤師としての活動も地方ではまだまだ 今後も広がる可能性を大きく秘めています。

これからの高齢化社会に備えて、 在宅医療にいち早く携わっていく事は 薬剤師の中でも生き残りが問われる時代に なっていく今後にとって、大きなメリットに なるでしょう。

地方と言っても、最近は整備されてきて 賑わっている地域も多くあります。 あまり抵抗がなければ、地方での勤務も 視野に入れて就職・転職活動をするのが、 より良い待遇で働く秘訣です。

めんどくさい薬剤師の届け出は会社に任せてしまおう

薬剤師は2年に1度、届出表を書いて提出しないといけません。 薬剤師だけでなく医師や歯科医師も同じです。

毎年ではなく2年に1度ですので、逆に忘れてしまうこともありそうですよね。 それに、めんどくさいと思っている人も多いのではないでしょうか?

まず、書類を記入すること自体、結構めんどくさいですよね。 住所や職場の情報など、届出以外にも色々な書類に記入したことがあると思いますが、めんどくさくて後回しにしてしまう人も結構いるのではないでしょうか? 実は、いちいちめんどくさい薬剤師の届け出しなくても良い職場があるのです。

それは企業や薬局、ドラッグストアなどです。 もちろん会社によりますが、個人個人で届出表出してきてと言われるのではなく、会社単位で勝手に作成しておいてくれるところもあるそうです。 そのような職場ですと、出すの忘れてしまったということもありませんし、何も気にしなくていいから楽だと思います。

インターネットの薬剤師の求人サイトを利用すると、このような職場が簡単に見つかります。 自分ひとりで職場を探すとなると、さすがに届出を会社が出してくれるのかどうかという情報までは調べることは難しいです。

しかし、求人サイトを利用すれば、専任のコンサルタントが無料で相談に応じてくれますので、このような職場を探して紹介してもらえます。 また、他にも自分が望む待遇や勤務体制があると思いますし、求人サイトを有効活用して徹底的にリサーチしてみてはいかがでしょうか?

別に届出出すのなんてめんどくさくないという人も、今の職場よりも好条件の職場が見つかるかもしれません。 今の職場に対して不満があったり、そろそろキャリアアップのために何かしたいと思っている人は、是非求人サイトを利用してみてください。

非公開求人が多いのでただ利用するだけでは、求人数は少ないと思います。 非公開求人は、求人サイトに登録をすることで、観覧が可能になります。 求人探しの幅が広がりますし、利用は無料ですので、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

パートの薬剤師の勤務時間ってどのくらい?

パートの薬剤師というと、フルタイムは勤務できない人がしているという印象があります。 もちろん全てのパート薬剤師はフルタイムで勤務できないわけではなく、フルタイムで募集している場合もあります。

もし、フルタイム勤務でない場合、パート薬剤師はどのくらいの時間働いているのでしょうか?

パート薬剤師が最も多く求人に出されるのがドラッグストアです。 ドラッグストアの場合は、パート薬剤師は自分が入れる時間だけでOKという場合が多いようです。 その理由は、薬剤師がいないと薬を販売することができないからです。

薬剤師がいないと薬が販売できないということは、化粧品よりも薬を多く販売しているようなドラッグストアですと、お店を閉めなくてはいけなくなることもあります。 そうならないためにも、常に店頭には薬剤師がいなくてはなりません。

また、パート薬剤師がいないと、薬を販売できないという理由から、正社員の薬剤師が休憩すら取れずにずっと店頭に立っていないといけなくなることもあります。

そして、スーパーやデパートなど、商業施設に入っているドラッグストアの場合は、単独でお店を閉めることはできません。 このように、パート薬剤師がいないと、ドラッグストアは成り立たないのです。

そのため、高時給でシフト自由と、好条件を出してでも薬剤師を確保しないとならないのです。 確かに正社員ではありませんが、薬剤師というだけで、かなりの戦力になります。

お店側もありがたいですし、好条件で勤務できるのでパート側もありがたいですよね! だから、午前中の数時間だけとか、お昼だけとか、パート薬剤師は自分のライフスタイルに合わせた働き方をしている人が多いですよ! 特に、家庭を持っている女性が多いことから、午前からお昼までのシフトが人気を集めているようです。

パート薬剤師は、通常のアルバイト求人サイトに求人を出している場合も多いですが、薬剤師の転職支援サイトでもたくさん出されています。 アルバイト求人サイトで探すのも手っ取り早いので良いと思いますが、転職支援サイトなら薬剤師の求人に特化しているので求人数も多いです。

また、専任のコンサルタントも設置されているから、より求人が見つかりやすくなります。 ライフスタイルに合わせた働き方をしたい人は、是非利用してみてください。